置き換えダイエットにオートミールって最強なんじゃね?

置き換えダイエットにオートミールって最強なんじゃね?

肥えました。

ええ、肥えましたとも。

 

さっそく現在の状態のBMIを計ってみました。

身長178cm、体重は77kgです。

 

BMI(ボディー・マス・インデックス)は、体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数です。

計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なります。
日本肥満学会では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI指数22を標準体重として、25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重としています。

出典:BMIと適正体重 – 高精度計算サイト

BMIと適正体重

 

24.3!!!!

この数字が25以上になると肥満に分類されるそうなので、あと少しでも体重が増えたら晴れて肥満となります!

やばいぜ。

 

ちなみに2ヶ月半くらい前に量った時は72kgでした。

BMIで22.72、めっちゃいい感じだったじゃん過去の自分。

 

置き換えダイエットという選択肢

よく「痩せなきゃ!」と言っていきなり筋トレをはじめたり食事の量を極端に減らしたりする人がいますが、そんなの一時の感情に流されているだけなので無駄です。

そんなこと身をもって知っています。

筋トレをするだけでは痩せないし(もちろんやった方がいいですが)、食事はちゃんと取らないと身体の健康を害うだけでなく精神的にもよろしくないです。

ちゃんと食べるという意味では糖質制限ダイエットが挙げられますが、徹底した糖質制限も家庭の環境によってはなかなか難しい場合もありますよね。

そこで私は主食のご飯(白米)をオートミールに置き換えるという作戦に出ました。

 

オートミールとは

オーツ麦を食べやすくフレーク状に加工したもの。まあ、麦です。

お湯などでふやかしてお粥のようにして食べるのが一般的で、腹持ちが非常によく1回の食事30gで十分な栄養が摂れます。

しかも、ご飯がお茶碗1杯(150g)でだいたい250kcalなのに対して、オートミールは30g110kcalくらいしかありません。

その他に各種ビタミンや鉄分、食物繊維が豊富に入っています。

オートミールの成分表

 

「ご飯は150gもあるのに、30gしかないオートミールと比べてそんなドヤ顔されても…」って思うでしょ?

実際に食べてみるとめちゃめちゃふくれるので本当に30gで十分なんです。

嘘じゃないよ!

 

キャベツでいいじゃん

ご飯の置き換え品としてよくキャベツの名を聞きますよね。

確かにキャベツは優秀です。

オートミールより圧倒的にカロリーも低いです。

でも日持ちがしない!!

キャベツの場合、せいぜい持ったとしても1週間が限度。

しかしオートミールは賞味期限が約1年あります。

 

後はコストの問題もあります。

キャベツの場合千切り上にカットされたものなら150gで100円、1玉で150~200円くらいしますよね。

ところがオートミールなら4.52kgの商品でも2,100円しかしません。

 

仮にカットキャベツを4.52kg分購入したとしたら3,000円になりますので、コストが三分の一程度抑えられることになりますね。

日持ちが良くて低コスト、まるで夢のような食品ですね。

もちろんキャベツに置き換える方が「痩せる」という目標においては適しているかもしれませんが、そこは自分の好みに合わせて無理なく行っていくのがベストです。

キャベツとオートミールの併用なんかもいいかもしれませんね。

 

おすすめの食べ方

オートミールで検索をすると牛乳をかけてたくさんのフルーツを盛ったオーガニックの押し売りみたいな画像や記事がアホほど出てきますが、いわゆる『甘い系』の味付けはめちゃめちゃ人を選ぶと思います。

オーガニックの押し売りの例

 

フルーツグラノーラやコーンフレークの感覚で行こうとするとエライ目に合います。

私は1度だけホットシリアル(牛乳をかけてレンジで2分くらいチンする)で食べてみましたがダメでした。

フルーツとかもりもりにすれば美味しいのかもしれませんが、それだとコストもかかるし何より「痩せる」という目標から遠ざかりそうな感じがして気が引けてしまいますよね。

そこで私がおすすめしたい食べ方を2つほど挙げます。

 

お湯チンごはん

お茶碗にオートミール30gとお湯100mlを入れて、ラップをして電子レンジで1分チンします。

これだけです。

あとはお好きなおかずと一緒に普段のご飯感覚でおいしく食べればダイスケ的にもオールオッケーです。

納豆とかふりかけなんかと合わせてもいいですね。

 

ちなみにこんな感じになります。

 

見た目はベチャついているように見えますが、食べてみると全然そんなことはありません。

気になる人はお湯の量で調整するのがいいかと思います。

(水分が少なすぎると消化不良の原因になりますので気を付けましょう)

 

料亭の味(みそ汁おじや)

ここで言う料亭の味とはマルコメから出ている液体みそのことで、お椀にお湯と料亭の味を入れてかき混ぜるだけであっという間に即席おみそ汁が出来上がるという神アイテムです。

そんな神アイテムの料亭の味とオートミールの相性が非常に良いのです。

まずはいつも通りに1杯分のおみそ汁をつくったら、そこにオートミールを30g投入します。

そしてラップをして電子レンジで1分チン。

これだけで朝ごはんにぴったりの『オートミール~料亭の味仕立て~』の完成です!

はじめてオートミールを食べたのがこの食べ方だったのですが、ぺろりと平らげてしまいました。

料亭の味は炒め物や煮物、ドレッシングとしても使えたりする神アイテムですので、オートミール云々はこの際置いといて、冷蔵庫には必ず常備しておいてほしい神アイテムです。

ほんと神アイテムです。

※ツイートではこんなことを言っていますが、内心とても満足しています。

 

戦いは始まったばかり

という感じでオートミールの簡単な紹介と、ついでに料亭の味の神っぷりを紹介いたしました。

私のダイエットは始まったばかりですが、オートミールを相棒にして地道に体重を減らして行きます。

目標は70kg!!

がんばるんば!!!!

 

ちなみに

私が初めて購入したオートミールは「日食 プレミアムピュア オートミール 300g」という商品ですが、Amazonだと何故か複数パックでまとまってしか売っていませんでした。

 

いきなりキロで買うのはちょっと…という方は同じく日食のこちらで様子見してみるのがいいでしょう。

 

ちなみにちなみに

シリコンスチーマーと併用するとオートミールを使ったリゾット的な料理が簡単につくれるのでおすすめです。

この前はトマトチキンカレーっぽいやつをつくりました。

 

シリコンスチーマーの底にオートミールを敷いて切った食材を入れてレンジでチンするだけなので、すごくお手軽&おいしいでもう最高です。

シリコンスチーマーは料亭の味と同じくらい神アイテムですのでおすすめです。

 

ちなみにちなみにちなみに

まだ1週間も経っていませんが75kg台になりました。

※体重計は壊れていません。

がんばるからOsushiください

「Osushi」は気兼ねなく投げ銭ができるサービスです。

いただいたOsushiは「きゅうり醤油漬け」や「帆立貝ひも」となってスダのモチベーションへと変わります。

筋トレ・ダイエットカテゴリの最新記事