スダ部

バズる→スダる

初心者が必ず買うべきカメラアクセサリー

カメラ・写真

一眼レフカメラを買ったら必ず買うべきカメラアクセサリー・グッズ

2017/02/12

憧れの一眼レフカメラデビューを目前としている皆さん!

カメラ本体とレンズを買ったらそれだけでOK…ではありません!!

OKじゃないんです!!

今回は一眼レフカメラを買ったら必ず買うべきカメラアクセサリー・グッズをご紹介します。

 

ブロアー

予算:100~1,500円

ブロアーとはシュコシュコして強い風を巻き起こし、レンズやボディ内のセンサーに付着したほこりやゴミを取り除くアイテムです。

ブロアーはカバンに必ずひとつは入れておきたいお手入れの必須アイテムです。

今ではダイソーで100円で売っていたりもしますが、なるべくサイズの大きいものを選ぶのがいいでしょう。サイズの大きさ=風量につながります。

 

 

レンズペン

予算:1,500~3,000円

例えば誤ってレンズを素手で触ってしまった時や、水滴がレンズに付着してしまった場合などに活躍するのがこのレンズペンです。

「そんなのティッシュで拭けばいいじゃん!バーカ!」って思われるかもしれませんが、レンズはとにかく繊細です。絶対にティッシュなんかで拭かないでください。

レンズペンはブロアー同様、カバンに必ず入れておきたい必須アイテムです。

また、レンズ専用のレンズクリーニングティッシュというものがあるので、万が一ひどいアブラ汚れがついてしまった時はこちらを使用することをおすすめします。

レンズ用、フィルター用など数種類ありますので、用途に合ったものを選びましょう。ちなみに私はお得な3本セットを買いました。

 

 

レンズフィルター

予算:1,000~5,000円

レンズフィルターはレンズ本体をキズや汚れから保護するアイテムです。

カメラ愛好家の中にはレンズフィルターを使用することを嫌う方もいらっしゃいますが、レンズ自体にキズが付いてしまうと取り返しがつきません…。

ですので、私はレンズフィルターを使用することを強くおすすめします。

レンズによってレンズフィルターのサイズが違います。分からない場合は店員さんに聞いたり、よく調べてから購入しましょう。

 

 

ドライボックス

予算:1,500~2,000円

おそらくこれが一番大事。

意外と知られていないことなのですが、レンズはお部屋のその辺に置いておくと最悪の場合カビます。

もう一度言います。

レンズはカビます。

レンズにカビが発生してしまうとクリーニング代に数万円かかってしまい、レンズがもう1本買えちゃうじゃん…なんてことも。

それを防ぐのがドライボックスです。

密閉されたボックスに乾燥剤を一緒に入れておくことによりレンズにカビが発生するのを防ぐことが出来ます。

カメラ用品をひとまとめに保管しておくことが出来るので、少し大きめのサイズを買っておいてもいいでしょう。

どんどんカメラの沼にハマっていったら防湿庫を買いましょう。

 

 

▼乾燥剤の代わりに何回でも繰り返し使える除湿ユニットというものもあります。

 

 

まとめ

上で挙げたもの以外でもカメラの液晶画面保護フィルターSDカードなど必要になるかと思いますが、今回は初めて一眼レフカメラを購入する方向けに「実はこういう用品も必要なんだよ」ということをお伝えしたくて記事にまとめました。

ですので、一眼レフカメラをこれから購入する予定の方は少なくともその予算にプラス1万円して考えておきましょう!

それでは、皆さんの素敵なカメラデビュー報告お待ちしております!!

 

 

-カメラ・写真
-, , , ,