スダ部

バズる→スダる

ノウハウ

はじめてのイベントブース出展の際に気を付けておきたいこと

みなさんブース出展ってご存知ですか?

ぼくはご存知です。

先日行われた「いばらきコンテンツコレクション2」ではじめてブース出展というものをやってきました。

そこで今回は、これから何かしらのイベントで初めてのブース出展を控えているというあなたの為に、はじめてのイベントブース出展の際に気を付けておきたいことをポポポポーンとまとめてお送りいたします。

 

やってみないと気付かないあんなことこんなこと

世の中には実際にやってみないと気付かないあんなことやこんなことがあるもんですよね。ドラえもんみたいにあんなことやこんなこと。

 

ポップスタンドの向きに注意しよう

ポップスタンドa

A5サイズのポップやポストカードなどをレイアウトする際に使用するこんな形のアクリルで出来たポップスタンド。

本来であれば上図の左のように立てて使うのが一般的ですが、例えばイベント会場の通路が狭かったりすると立ててあるポップスタンドでは非常に見づらいんですね。

遠目であれば立ててある方が視認性はいいのですが、通路が狭い=お客さんとテーブルとの距離が近く上からのぞき込むような形になるので、その際はポップスタンドを使用する際は横に寝かせて使うようにしましょう。

もちろん、その時の状況に合わせて使い分けることが肝心です。

 

文字サイズは大きくしよう

わざわざ言うまでもないことかもしれませんが念のため。

商品名や商品説明なんかが書かれたポップの文字サイズは大きめにしましょう。

体感的に1~2mくらい離れていても文字が読めるくらいのサイズ感がいいと思います。

 

自分が何者なのかすぐに分かるようにしておこう

基本的にイベントに来るお客さんは自分のことを知りません。

ですので、お客さんから声をかけられたり、こちらから声をかけなくても自分が何者なのか分かるように簡単なプロフィールを分かりやすいところに貼っておくといいでしょう。

ちなみにぼくはその準備をしていなかったので、1日目が終わってホテルに帰って泣きながらWordソフトを使ってこんなのをつくりました。

スクリーンショット (45)

2日目の朝にコンビニでA3サイズで印刷して後ろのボードに貼っておいたところ、1日目は「何をやっている方なんですか?」と嫌というほど尋ねられていたのですが2日目にはそれがめっきり減りました。

 

商品説明は大事

これは前述の内容とも似通るのですが、商品説明は分かりやすいようにまとめてポップなどを作っておくといいでしょう。

「文字数は少なく、文字サイズは大きく、内容は分かりやすく」がポイントです。

 

無料で配れるノベルティがあると有利

これは人によってはなかなか難しいポイントかもしれませんが、無料で配れるノベルティ的な何かがあるととても有利だなと感じました。

実際にぼくはそういったものを準備していなかったのですが、例えば自分の活動内容をまとめたA5サイズくらいのチラシやステッカーなどがあると、こちらからお客さんに対して声をかけるきっかけに出来るのです。

「もしよろしければコチラどうぞー」といって通りすがるお客さんにノベルティを配ることが出来れば、足を止めてくれるチャンスは格段に上がります。中には声をかける勇気がないというお客さんもいるので、そういった人にとっても有効的な手段と言えるでしょう。

余裕があれば無料配布物も準備しておくことをおすすめします。

 

口角は上げておくと吉

イベントが始まる前に笑顔の練習をしておきましょう。

そしてイベント中は常に意識して口角を上げておくとお客さんの方から声をかけてもらいやすくなるかもしれません。

少なくともへの字口の仏頂面よりはマシですね!

 

ちょっとでもチラ見されたら「こんにちは」

自分のブースに必ずしも誰かしらが足を止めてくれると思ったら大間違いです。

人気者ならまた話は別ですが、基本的にお客さんは自分のことを知らない人たちばかりなのでチラ見レベルでも積極的に拾っていきましょう。

ほんの一瞬でもチラ見されたら「こんにちは~」と言いましょう。

不思議なもので、知らない人相手でも「こんにちは」と言われたら「こんにちは」と返してくれるんです。すると「こんにちは。こちらは何を出しているんですか?」と続けて声をかけてくれることもあります。

イベント中は"こんにちはの鬼"になりきって「こんにちは」しましょう。

 

物販は"必ず売れる"と思わないことが大事

イベントの物販で商品を購入することはとてもハードルが高いということを念頭に入れておきましょう。

お話はしてくれたけど商品は買ってくれないなんて当たり前のことです。

「よっしゃ、物販で儲けたるでー!」なんて考えはまず捨てましょう。

イベントはあくまでも顔を売る場所です。

そう理解しておかないと痛い目見ます…

 

スカートは注意

これは女性に限った話ですが、ブース出展時にスカートを穿くときは気を付けましょう。

予め用意されているテーブルに覗き見防止用のガードが付いていない場合もあります。

そんな時のためにテーブルクロスを敷いて前を長めに垂らしておく、もしくはひざ掛けを使用する、そもそもスカートを穿いて行かないなど対策をしておきましょう。

 

出会いは楽しい

イベントに出展すると普段生活している中では出会えない色々な人たちと出会うことが出来ます。

その新しい出会いから自分にとっても相手にとっても有益なつながりができるなんて可能性も大いにあります。

出展のための準備などは大変ですが、やりきった後には不思議と満足感が残ります。

今回のイベントを通して、本当にいい経験をさせてもらえたなと思いました。

この記事に書かれたことだけがもちろんすべてではありませんが、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

-ノウハウ
-, , ,